読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デヴィッド・ボウイ→ハイドくんとラルク(*^o^*)

デヴィッド・ボウイは有名な曲しか知らないけど…

その中でも♪Life On Mars?という曲をハイドくんがVAMPSでカヴァーしてたなぁ

旦那チャンはよく車で聴いてて、好きな曲の解説をしてくれてた♪Space Oddity…という曲

私がラルクの曲を解説するように(笑)

今回、付き合いで…と言ったけど、私自身もそんなんで興味があった

もしかしたら、ハイドくんも行ったのではないか?とか(笑)

行きは勿論聴いて行ったけど、色々解説してくれました(笑)

会場でシッカリ流れてました

展示してた衣装や映像の髪型…正直微妙だったけど

私が感動したのは、直筆の楽譜!

曲作り途中の、手書きの…赤ペンで訂正とか…

英語は勿論解らないけど、何て言うか…

「曲作りだよ〜」って(笑)

そりゃそうなんだけど

あと絵も書いてたみたいで、沢山展示してあって…

確かハイドくんも絵を描くのが好きだったんじゃ…なんて思い出したり。

色々と、ハイドくんやメンバーが曲作りしてる事を改めて考えたりした時間

そして例のカヴァー曲が流れてて…

歴史は、ザッとしか読めなかったけど、丁度その曲の事が書いてあって…

『多くのアーティストにカヴァーされた』を見つけた

コレ、名前書いてあれば尚興奮しちゃっただろうな〜

あと、ちょっと気になったのが…

シンセサイザーの展示

名前忘れちゃったけど『どの楽器にも出せない音だから…使った』と、デヴィッド宛に手紙が送られた事が書かれた。

コレって、ユッキーの曲作りに通じる…?

帰ってから、途中でやめちゃった『The hyde』を少し読んでみた

デヴィッドの事は見当たらなかったけど(笑)

VAMPSの事・ラルクへの想い・曲作りの大変さ…

ラルクのハイドくんばかり好きだった私だけど、どっちのハイドくんも理解出来た気がした

そして何だかんだ25周年続いてるラルクは凄い

今後どうなるか解からないけど『世界に通用するロックバンド』で、もしも…があっても、デヴィッド同様多くのファンがずっと好きだろうな

■日本上陸のデヴィッド・ボウイ大回顧展に潜入!衣装や直筆絵画などで軌跡をたどる(週刊女性PRIME - 02月24日 21:31)