読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【続編】1000万円欠損に対しての見解

【1000万円欠損された方がパチンコパチスロは期待値通りになど絶対ならないし運やヒキの要素は関係する。世の中には欠損祭りな人もいれば余剰祭りな人も存在する。生涯で収束なんか絶対しない!期待値通り必ずなるなんて主張をしている人は確率を分かっていないんじゃないのか?】

と言う主張に対しての現役パチンコ店副店長からの見解です。

まず1000万円も欠損したという事ですが、どのホールの営業データーや会員データーをみてもそんなにかけ離れて大きく欠損するようなデーターは過去にみられません。

世の中には大きな欠損を長期に渡り繰り返す人や何を打っても神のようなヒキをみせ大きな余剰をする人が存在するという事を強く主張しているようですが、

そもそもそのような大きな欠損や大きな余剰が存在するならば店はとてもやっていけません。

いつも神のようなヒキをみせ大きな余剰をする人がいるならば、店の予定する出玉を超えて出てしまうと言う事になります。店側はお客様を選べませんから

大きく余剰する人ばかりが多く来店してしまったとしたら店はやっていけません。特に中小ホールであれば潰れてしまいます。

【補足】この大きな余剰をする人が来店すると店はやっていけないという主張に対し大きな余剰する人と大きな欠損をする人が、全国どの店にも全てバランス良く来店するというような根拠のない都合の良い反論は非常におかし過ぎる話です。

逆に大きな欠損をする人が存在すると

いうならばこれも店はやっていけません。

それはなぜかといえば大きな欠損を繰り返してしまえばお客様は2度と来店しないからです。2度と来店しないのだから利益も何も取れません。

ですからこの世の中に大きな余剰をする人や大きな欠損を長期に渡り繰り返しする人など存在しないと言う事です。

全国全てのパチンコ店が長年に渡り営業が出来ている状況こそが大きな余剰や大きな欠損をする人がいない事の何よりの証明となります。

疑問に思うのがなぜ1000万円も欠損しておいてさらに現在も継続してパチンコパチスロをやり続けているのかが不思議でなりません?普通なら誰だって1000万円も欠損したら辞めると思われるのですが…

いくら理論が正しいと理解し忍耐強く追うプロであっても1000万円も欠損する前に止めるはずです。

1000万円欠損という事から収支はマイナス収支と予測出来ますが、仮にこれがプラス収支であるという場合にはさらにおかしな話になってしまいます。

この点からみても本人が今現在もなお

パチンコパチスロを継続しているのですから1000万円欠損と言う事実は無かったのではないかと言う事がいえます。

機械割の面からみても機械割通り確率通りの数値です。

機械割については勘違いする方も非常に多いのです。

あるお客様はクレーム電話をかけてきて

『普通の基板だったらメーカー発表の数値で設定1で96%なんだよっ!

なんでお宅の店は96%で100万円も負けんだよっ!どう考えても96%の数値じゃないだろ!お前なぁ割ちゃんと分かってんのか?知ってるか?競馬とか宝くじの割75%だよな?100万円も負けねえんだよ。96%毎日打って100万円負けるとか明らかにおかしいんだよっ!なんか遠隔とかホルコンとかやってんだろっ!

』とクレームされる方は意外と多いのです。

僅か1%の機械割の差なんて大した事ではないと思いがちですが僅か1%の機械割の差だって試行を積み重ねれば何百万円だって負けてしまうものです。

添付写真を見てもらうと分かりますが、実際のホールで設定1で毎日営業した機械割の差枚です。メーカー発表の機械割通り収束して設定1の期待値通りの数値です。

96%の機械割と言うてたいした額ではないと感じますが96%の機械割試行すればこのような収支になるのです!

例えば本人が設定4と判断して105%の機械割の期待値を積んだつもりでも実際にそれが設定3であり103%だとしたら、2%の機械割の差は長年試行を積み重ねれば全く収支が変わってしまいます。

設定が1段階違うだけ、僅か1%たった1%の機械割の差があるだけで積み重ねた

長期の試行の収支は全く違ってくるのです。

パチスロは機械割の部分に対しては

フリーズを伴うプレミアムフラグも含まれます。

また強い特化ゾーンや高継続モードを全て含まれての機械割です。

十分な試行の元には最終的に確率は確率通り、機械割も機械割通り、期待値も期待値通りに必ず収束しますが、

短い期間の試行の元には機械割はメーカー発表の機械割よりか必ず低い機械割となるのです。

それは機械割の部分に含まれるプレミアムフラグ等を毎回毎回は引けないから

結果的に通常稼働の大半はメーカー発表の機械割より低くなるのは当然です。

期待値算出の際にはこの点も考慮して

計算しなければならず設定を軸に打ち出しモードや状態や設定変更の有無やプレミアム役等など様々な要件を考慮して期待値算出しなければならない訳です。

一般的にプレミアムフラグの扱いは引いた場合と引かない場合との間の平均値での期待値算出が多く一般的です。

8000分の1程度であれば1日の試行と同じ分母ですから平均算出で問題ないかと思いますが、機種によりバイオの20万分の1などの著しく低い確率の場合は試行の99%が引かない状況での試行を重ねる訳ですから機械割算出はそもそも引かないものとして計算するべきです。

それらのプレミアム役やモード等の概念がないAタイプである場合や期待値算出の条件が設定不問で滞在モード問わないハイエナ時の期待値算出であれば精度は高いとは言えますが、

設定狙いのAT機ART機においては期待値算出の軸となる設定の確認が不可能である。滞在モード等も確認が不可能である訳ですから、AT.ARTにおける正確な期待値算出は不可能であると言えます。

例えば魔法少女まどかマギカにしても、

打ち手は打ち出し時のモード把握が不可能な状態から打ち出します。

同じ設定であってもモードAからの打ち出しとモードBからの打ち出しとでは

次回天国までの投資も大きく変わります。

打ち出し時のモードなど履歴やスランプグラフや円環演出の割合をみても毎回確実に把握できる訳ではありません。

なぜ1000万円欠損した方はわからない不確定要件がたくさんある状況で正確な期待値算出が出来たのか?

打ち出しモード・設定・設定変更の有無・穢れポイント等

わからない要件がたくさんある状況での期待値算出は正確であるとは言えないのではないでしょうか?

以上の事から1000万円欠損した方の期待値算出は間違いであるという事が断言できます。