読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス/ある名もなき男の歌」

音楽好き、特にフォーク好きにはたまらない映画です。

私が知っているのは日本のフォークだけど、アメリカのフォークの多様さが楽しめました。

ボブ・ディランがお手本にしていた歌手の一週間の出来事です。

全然、売れず、成り行きまかせで、でも歌手としてのプライドがあり、でも人生に目的がなく、どうしようもないんだけれど、歌うことで存在している、純朴な歌手の物語です。

これは絶対に売れないだろうと思う歌詞も、字幕見ないで映画観ると、いい歌に聞こえます。フォークのマジックですね。