読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして…

どうしても最初から見られないことは判っていたので、ビデオに録画していたものをいま見終わりました。

そして誰もいなくなった 第2夜』

誰もが認めるでしょう。

渡瀬恒彦最後の作品は奇しくも、サスペンスを撮るための日本最高水準のスタッフによって、役者渡瀬恒彦の最期の花道を飾るに相応しい作品に仕上がったと。

特に最後の独白のシーンは、芝居なのかそれとも本当の痛みが全身を包んでいたのか判らないくらい鬼気迫るものがありました。

改めてご冥福をお祈りいたします。

http://www.tv-asahi.co.jp/soshitedaremo/