読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもと太郎『風雲児たち 幕末編 17 (SPコミックス)』リイド社 2010年8月刊

2011年6月に読んだマンガ。

みなもと太郎風雲児たち 幕末編 17 (SPコミックス)』リイド社 2010年8月刊。2011年6月25日読了。

https://bookmeter.com/reviews/11897174

https://bookmeter.com/books/607185

https://www.amazon.co.jp/dp/4845838834

https://www.leed.co.jp/9784845838837

内記稔夫氏、絶賛!! 『歴史マンガに新風を…』

安政の大獄、始まる! 揺れ動く日本では…歴史大河ギャグ!!

歴史マンガに新風を吹き込んだ、みなもと太郎はマンガ界の風雲児だ!

ギャグとパロディ、ズッコケ場面が随所に見られるが、史実に基づくエピソードも盛り沢山!

これぞ、みなもとマンガの真骨頂! 読まねば損です。

現代マンガ図書館 館長・内記稔夫

■目次■

第一章 追いつめられて

第二章 錦江湾入水

第三章 長州紛糾

第四章 二十一回猛士

第五章 朝廷の調停

第六章 入江杉蔵・野村和作

第七章 狼狽 井伊直弼

ウィキペディア みなもと太郎

https://goo.gl/Hx4n1M

ウィキペディア 『風雲児たち

https://goo.gl/s3HA9l

「[1979年頃? 潮出版社『月刊少年ワールド』]編集部からの依頼は、幕末の群像を五稜郭陥落まで単行本10巻程度でまとめてほしいというものであったが、幕末の状況はそもそも江戸幕府の成立に根があるとの作者みなもとの判断により、関ヶ原の戦いより執筆を開始[1979年7月連載開始]」

2001年から『コミック乱』で連載されている歴史大河ギャグ漫画の十七冊目。

表紙カバー絵は西郷隆盛・月照・平野国臣

本巻の登場人物は

孝明天皇

井伊直弼

西郷隆盛

大久保利通

平野国臣

吉田松陰

桂小五郎

久坂玄瑞

岩倉具視

大村益次郎

など。

ようやく舞台は安政六年(1859)になりましたが、『風雲児たち 幕末編』の既刊分はあと一冊になってしまいました。

 

追記 2017年3月現在、第28巻まで刊行済。

文久二年(1862)までしか、進行してませんけど…。

吉田松陰 「私と行動を共にする同志だけがついて来なさいっ」

十七名が後に続き 松陰は郡奉行前田孫右衛門宅へ向かった

前田孫右衛門 「吉田殿 本日はいかなるご用件で」 

吉田松陰 「拝借したい物があって参りました 最新鋭クーボール砲を三門っ 百目玉砲五門っ クーボール砲弾二十 百目玉砲弾百 火薬五貫目 藩の武器庫を開き 以上の品 お貸しいただきたい それも急ぎで」

 

前田孫右衛門 「な…な…な…な…何に使われるのか〜〜っ」

 

吉田松陰 「京へ上り逆賊[老中]間部詮勝(まなべあきかつ)を討つのです 当然の行動であります」 

明治維新の炎は この日安政五年十一月十一日 吉田松陰が点火したのであると歴史は伝えている… 一説で」

p.31 第一章 追いつめられて