読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真の幸せは、自立+神に頼るところにある」

http://9001.teacup.com/sfk/bbs/17413 (写真入り記事)

先日は、「イギリスのことわざ」を引用しましたが、今日は「中国のことわざ」を引用します。

一日幸せになりたければ酒を飲みなさい。 

三日幸せになりたければ結婚しなさい。

七日幸せになりたければ豚を殺して食べなさい。

一生幸せになりたければ釣りをおぼえなさい。

というものがあります。

「酒を飲む」ことで、一日前後幸せでいられます。それ以上でもそれ以下でもありません。

2番目に、「結婚」したら三日間は幸せでいられます。結婚の幸せが三日とはちょっと短い気がしますが、「美人は三日で飽き」「ブスは三日で慣れる」と言われることは本当なのでしょうか。三日で恋が終わり、四日目からは愛が求められます。

3番目に、「ブタ」を殺したら七日間は幸せでいられます。一匹の豚肉で、一週間はお腹いっぱい食べられるので、一週間は幸せでいられるんですね。

しかし、これら三つの幸せは、受動的なもので、飲食や人によって幸せにしてもらう人生です。幸せは、求めても永続しないことを教えてくれます。

このことわざは、最後に、「釣りを覚えたら一生幸せでいられる」と締め括ります。

釣りを覚えたら、お腹が空くたびに釣りをすることで、人に頼るのではなく、能動的に自分の幸せのために自分で働きます。

つまり、「自分一人で生きて行こうとする姿勢」と「自分の幸福感を自分で管理する心構え」です。

幸せでない人を観察してみたら、誰かに依存して生きていたり、自分の幸福を人や状況頼みしている人であることがわかります。

あなたはどうですか?

自分一人で生きて行こうとする姿勢を持っていますか?

また、自分の幸福感を自分で管理する心構えを持っていますか?

人からどんなにけなされようが、人からみじめでかわいそうな人と思われても、自分が、「けなされた!」「私はみじめでかわいそう」と認めない限り、そうではないのです。

しかし、自分一人の力には限りがあります。

私は、中国のことわざの作者に断りを入れていませんが、最後にこの言葉を付け加えたいと思います。

「永遠に幸せになりたければ神を信じなさい!」

神に頼るからこそ、自立し、自分一人で生きて行く力が与えられるのです。また、自分の幸福感は、神の助けがあるからこそ自分で管理できるのです。

もしあなたが、神を信じ、神を頼るなら、永遠に幸せでいられます。そんな人生を共に歩んで行きたいですね。祝福を祈ります。

「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」(ピリピ4:13)

「あなたはいのちの道をわたしに示される。あなたの前には満ちあふれる喜びがあり、あなたの右には、とこしえにもろもろの楽しみがある」(詩篇16:11)