読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説『リバース』について。

僕です。

昨晩、小説『リバース』読み終えました

感想としては、作品の内容どうこうよりも

湊かなえって、こんなミステリーも書けるんや!』という驚き

相変わらず、澱のような感情を重々しく書くのが上手ではありますが(故に、読むテンポが遅くなりがちなのですが)

この作品に関しては、そのあたりのバランスが良く、読むのに苦労はしませんでした

たぶん、『主人公が男性である』という点と

この小説を書くにあたっての前提設定(解説者曰く、『出版社からのお題』)が特殊である為

まるで近年の東野圭吾を読んでいるような、ライトな読み口、それでいて物語の先を想像(妄想)せざるを得ない読後感

湊かなえにとっては、新たな、そして異色の代表作と言っても過言ではないのでしょうか

ドラマ化された今だからこそ、これを機に『湊かなえ入門編』として是非読んで頂きたい

そんな作品でした

個人的には、見え見えのミスリードに敢えて乗っかかり

思い通りの展開の中、『ちょっと女性に優しすぎない?』と思っていた所に

ラスト1ページで頭から水を掛けられた感じ

コレコレ、やっぱりミステリー小説はこうでなくっちゃ!

という、爽快感と共に

その最後の1行と、その為に張られた伏線に対して

一人、唸るしかありませんでした

コーヒーに蜂蜜、試してみよう。

今日の一曲

ハチミツ/スピッツ

ガラクタばかり ピーコートのポケットにしのばせて

意地っ張りシャイな女の子 僕をにらみつける

でも今はカフェイン控えてる(不眠対策)。