読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確証バイアス

「確証バイアス」

認知心理学社会心理学における用語で

仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。

人には

自分の考えは正しいと思いたがる癖があるのである。

嫌だと思うと

嫌な事ばかり集め

辛いと思うと

辛い情報ばかり集めてしまう

悪因悪果

負の連鎖である。

実際の世の中は

禍福は糾える縄の如しであり

嫌な事のなかに楽しい事があり

楽しい事のなかには嫌な事が混ざっている。

中国4000年と聞いて

考えだした場合

漢民族が4000年統治していたと思ってしまう。

であるから

チベット族ウイグル族民族浄化してもいい

民族がなくなるまで大虐殺してもいい

などと「考えて」しまうのである。

自分の生き甲斐

自分の転職

考えてしまわずに

生きる事を楽しんでいく

考えない考え方

道(タオ)独特の発想なのである。

自在じゃない今が続く限り

自在ではない未来が自分に向かってくる

ものの道理をわきまえない限り

自分というもので悩み苦しまなければならないのである。

禍を転じて福と為す

禍福は糾える縄の如し

禍を避けて福はなく

福を欲せば禍と向き合わなければならない

道理に従う

いつでもニコニコ

道(タオ)という事である。