読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もやっつけ仕事。

今回のクランケはワタクシの手持ちのエアコンプレッサー。

電源の取れない車庫前で(発電機を稼動も併せて(笑))の使用等で活躍中の

すっかり手放せなくなったこの道具。

稼働中は割と静かなんですが、最近ちょっと甲高い音がするようになって来たような…。

耳を澄ますと、本体中ほどにあるコンプレッサーとタンク間を繋ぐパイプからのような…。

(コンプレッサーとタンクを繋ぐ『し』の字型のパイプがソレ)

パイプ自体は銅管でコンプレッサーでの圧縮で加熱された空気を冷ますアルミのヒダが

巻きついているんですが、ソレの共振かな?と思うもさにあらず。

あちゃー…(汗)。音の原因はパイプのタンク側ナットからのエア漏れで、

ナットを外すと銅管にクラックが入ってます。

数年前に知人から譲り受けたコレ。知人は車庫内固定で使っていたのですが、

ワタクシはと言えば車庫での使用はもちろん、可搬式の割に若干大柄のような気もしますが、

抱えればクルマに載るんで出張整備でも活躍させているせいか、

時々他の物が当たったりしていたようで、掛かった荷重が逃げる事無く

パイプに行っちゃってた模様。幸い、タンクへのエア充填時に漏れるだけなので、

充填が完了しコンプレッサーが止まれば、タンクからのエア漏れはしないのが救い。

とはいえ、このまま看過できる訳も無く、確か取説に分解図が載ってたから、

ひょっとしたらパイプのみ『部品で』買えるかも…。

と、淡い期待と共に販売元の工具商へ。確かに部品として取り寄せは可能だが、

ワタクシの機種はとっくの昔に生産を打ち切っており部品の入手は不能との事(涙)。

さぁて困ったねぇ…。と、悩んでたって自然治癒などする訳も無いので

バーナーと半田とフラックスをガサゴソ。こんなモン日常使う機会などないのですが、

設備屋を生業としていた父親が現役時代に使っていた、銅管のロウ付け道具。

まあ、ワタクシも手伝いとしてロウ付けの経験があったりなんかもするんですが、

コレでクラックが塞がってくれやしないかと。

早速炙ってみる(画像では火が消えてますがあくまでイメージ(笑))。

お、いい感じ♪。

早速組み付けてコンプレッサーを稼動。ホントはクラックが埋まるだけの僅かな分だけ

半田が付いてくれればいいのかもですが、若干半田を盛りすぎたとか、ワタクシの

作業センスの問題とかで盛った半田を削ったりフレアナットを締めたり緩めたりしつつ、

完治とはいかないものの、どうにか我慢できそうなレベルに。

こうして、作業時間10分ほどのやっつけ修理完了。

ただなぁ。いずれまた同じようにクラックが入りそうな気がするのと、

そうなったら同じ様な径の銅管と、コレだけの為にフレアリングツールを買って

パイプを作るか、高圧配管をワンオフで作ってくれるような業者さんの

チカラでも借りるか悩みどころではありますがね。